アシストキッズ 西上尾教室・行田向町教室

習字の筆っこ 小1〜小6

ttl_fude_pc

img_fude_01_pc

身のこなしが美しいと書いて「躾(しつけ)」。身のこなしは、心・気持ちが表にあらわれ、心が乱れていたり、歪んでいたり、気持ちが落ち込んでいたりすると、身のこなしが雑になります。それは、習字にもあらわれます。
私たちは筆の所作をわきまえながら字を書くことは、子どものしつけの一助となると考えています。習字を通して子どもたちと真っすぐ向き合い、律して指示を出し、誠実な指導に徹し、立派に成長してほしい」という願いを全うします。

上達の秘訣はここにあり!習字の筆っこ独自の指導メソッドとは

POINT 1

「ウォーミングアップ」と「なぞり書き」から始めます。

習字の筆っこでは、お手本を横にして、いきなり授業に入ることはありません。まずは、横画・縦画・斜画などを学ぶ「ウォーミングアップ」。止め、ハネ、払いなどの基本が網羅されている教材「なぞり書き」や、漢字の書き順を練習してから始めます。
img_fude_02
POINT 2

独自の教材や映像で、美しい文字を書くための 「リズム感」をつかみます。

美しい文字を書くためには、「書」が持つ、独特のリズムを体得することが重要です。「スーッと、はらう」「ぐっと1度力を入れて」「クッと止める」といった書が持つリズム感を、独自に開発したヴィジュアル指導法で体得していきます。
img_fude_03
POINT 3

「硬筆」も月に1回の練習プログラムがあります。

習字の筆っこでは、毛筆以外に硬筆も行っています。硬筆の授業では、書いた字を自ら判定し、見る目を養いながら上達する、筆っこオリジナル硬筆練習プログラムで授業をすすめていきます。
美しいえんぴつのもち方・かき方 日本一プロジェクト 開催中!
img_fude_04

習字の筆っこ 授業風景を公開!

上達の秘訣はここにあり!習字の筆っこ独自の指導メソッドとは

STEP 1

あいさつ

授業は元気のよいあいさつから始めます。従来の多くの習字塾では、決まった時間帯の中で、子供たちが思い思いの時間に行き、それぞれの課題に取り組むというスタイルですが、筆っこは決まった時間に一斉に授業を受ける形の新しいスタイルの習字塾です。ですから、みんなで習字に心を向ける、授業の始まりのあいさつを大切にしています。

先生:「姿勢を正して、気をつけ!」
先生:「礼」
先生と生徒たち:「お願いします。」

さあ、楽しい習字の時間の始まりです。
STEP 2

ウォーミングアップ

授業の最初は、習字に必要な基本所作を先生のかけ声とともに、生徒全員で行います。
横画、縦画、斜画、丸の練習でウォーミングアップです。
ここで気をつけるべきことは「姿勢」と「筆の持ち方」です。
心と身体を「習字」へと向ける大切な時間です。
STEP 3

なぞり書き練習

「とめ」「はね」「はらい」など、毛筆で一番重要な「基本」をお手本をよく見て、そのお手本をなぞって練習します。
「書」が持つ、独特のリズムも体得していきます。
POINT 4

手本読み

今月の課題の字の概略を学びます。美しい字を書くために、字をよく見ることから始めます。
一画一画よく見て、書き方を確かめます。
POINT 5

書き順読み

今月の課題の字の「書き順」を覚えます。正しい「書き順」は美しい字の基本です。
いつも正しい「書き順」を意識できるようになります。
POINT 6

作品練習、添削、作品提出

鉛筆なぞりをした後に今月の課題の字の練習に入ります。映像お手本も使って、練習します。
より良い字が書けるよう、先生の添削を受けます。そして最後に一枚清書を提出します。
POINT 7

片付け

後片付けも習字の授業の大事な一部分です。まわりへ気配りをしながら、道具に感謝し、ていねいにしまうことを大切にします。
POINT 8

おわりのあいさつ

おわりのあいさつの前に手をチェック。墨で汚れていない、手のきれいな子は字もきれいです。
そしておわりのあいさつ。

先生:「姿勢を正して」
先生:「礼」
先生と生徒たち:「ありがとうございました。」

習字を始めたきっかけは?取材協力:ミルトーク

  • 字が綺麗になりたいと娘が言い出したので始めました。私は習ってませんでしたが、好きで家で書いてたので影響されたのかもしれません。
  • 保育園から習わせましたが、一番の理由は正確な書き順を覚えさすためでした。読み書きそろばんは、コンピューターの時代になっても必需品です。大人になった時、冠婚葬祭の受付で綺麗な字が書けたら満足です。
  • 私自身が習っていました。姿勢や集中力が身についたと思います。習わせてもらえてよかったです。
  • 友人や兄弟と習えるから。字が綺麗になるから。習いに行くことで新たな人間関係が出来るから。年配の方が教えてることが多いので、親と違う世代と触れ合えるから。
  • 自分が字が汚くて苦労したので、子供を通わせました。芳名帳など、人前で字を書く機会はまだまだあるので、汚いと恥ずかしい思いをします。字がきれいで損することはないので。

【月謝のご案内】維持費:毎月1,000円(税込1,080円)

週1日(60分×1)
3,000円(税込3,240円)
週2日(60分×2)
4,500円(税込4,860円)

【時間割のご案内】

   
西上尾
教室
16:45〜17:45    
17:55〜18:55    
   
行田向町
教室
16:45〜17:45    
17:55〜18:55    
お申し込み、お問い合わせはこちらまで。 栄光ゼミナールの公立高校受験専門塾 アシスト学院 0120-898-853
受付時間 10:00~21:00(月~土)/10:00~18:00(日・祝)

そろばん教室

そろばん教室
CLICKでページの上に戻るよ!